2005年11月20日

「清流のうた」のCDを制作し、小嶋静岡市長に報告

清流のうた歌詞_r2_c2.jpg 清流のうo[洙康ト_r2_c2.jpg

静岡市清水地区の水道水源である興津川をいつまでもきれいな川として守っていこうという市民団体の「興津川保全市民会議」が、平成6年に結成されて10年を経たことから、その記念事業の一つとして「清流のうた」を作成しました。
一般市民から作詞を公募したところ、70通以上の応募があり、その中から市内の石川忠さんの作詞が選ばれました。その詞に、袖師中学校の浜田洋通先生が作曲をして、各地で活躍をしている声楽家の片平有紀さんに歌ってもらいました。
歌詞や曲は、興津川にこだわらないで作成したもので、静岡の地域性やさわやかさの感じられるとてもすばらしいものとなりましたので是非皆さんにも聞いていただきたいと思います。
多くの市民に清流を大切にする心をいつまでも持っていただきたいと、9月6日に市民会議の杉山会長とともに、静岡市長室に行き小嶋市長に聞いていただきました。また、市役所内や市内の施設でも流してもらえるようにお願いしました。
さっそく、9月17日の興津川クリーン作戦では、参加してくれた皆さんにお披露目をして喜んでもらいました。
なお、このCDは、一般の方にも500円でお分けしています。興津川の保全活動費
としてもご協力お願いします。
posted by 地域 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三味一体食うぽん!の発売(富士宮TMO)

三色蕎麦_r2_c2.jpg 和食_r2_c2.jpg 藤太郎お菓子2_r2_c2.jpg

浅間大社ややきそばを食べに市街地に訪れる観光客などを対象として、はじめてきた人でも富士宮のおいしい食べ物を味わい、休憩し、おみやげ物などが手に入るような仕組みとして「三味一体食うぽん!」の発売をすることになりました。
これは、地元の人が薦める自慢の逸品を3店が一体となって、食事、お休み処、お土産を提供するものです。最初は、西町地区で進めることになりました。1950円で3店のおいしいところを味わっていただこうという企画です。お店の人とのふれあいや知らないまちなかの散策とともに楽しんでいただきたいと思います。

posted by 地域 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。