2007年06月11日

B-1グランプリin 富士宮

6月2・3日、静岡県富士宮市にて、全国B級グルメのグランプリを決める「B-1グランプリ」が開催されました。
今回は21団体のB級グルメが参戦!参加団体は下記参照
・富良野オムカレー(富良野市)
・室蘭やきとり(室蘭市)
・青森生姜味噌おでん(青森市)
・八戸せんべい汁(八戸市)
・横手やきそば(横手市)
・上州太田焼そば(太田市)
・行田ゼリーフライ(行田市)
・厚木シロコロ・ホルモン(厚木市)
・駒ヶ根ソースかつ丼(駒ヶ根市)
・富士宮やきそば(富士宮市)
・浜松餃子(浜松市)
・すその水ギョーザ(裾野市)
・静岡おでん(静岡市)
・たまごふわふわ(袋井市)
・若狭小浜焼き鯖寿司(小浜市)
・奥美濃カレー(郡上市)
・各務原キムチ鍋(各務原市)
・高砂にくてん(高砂市)
・とうふちくわ(鳥取市)
・小倉発祥焼うどん(北九州市)
・久留米やきとり(久留米市)


「ビーワンダー!」の掛け声とともに始まったB-1グランプリ。
CIMG0067.JPG

最初はまばらだったお客さんも・・・

R0015624.JPG

いつの間にか会場を埋め尽くすほどの人数に!

R0015720.JPG

どの店舗も長蛇の列をなす大変な盛況で、順番待ちの行列が絶えませんでした。ピーク時は40分以上並ばなければならない店舗がほとんどでしたが、それぞれ目当てのB級グルメの列に、忍耐強く並んでいました。
一方お店の中では、少しでも早く料理を出そうとてんてこ舞い。各店ともスタッフは賢明に作業をこなしていました。
(写真:上から右に、とうふちくわ→各務原キムチ鍋→富良野オムカレー→すその水ギョーザ→厚木シロコロ・ホルモン→小倉発祥焼きうどん)
CIMG0090.JPG CIMG0094.JPG

CIMG0115.JPG CIMG0105.JPG

CIMG0127.JPG CIMG0113.JPG

また開催地の富士宮市は「フードバレー構想」を小室市長が掲げ、「食」に力を入れているまちです。B-1会場の横の会場では「F-1」と称した富士宮ブランドの食に関する特産品の販売も同時開催されました。ちなみに「F-1」のFは『FUJINOMIYA』と『FOOD』の頭文字のF。こちらもまた大変な賑わいでした。
(右の写真は富士宮市の特産「朝霧ヨーグル豚」のギョーザ)

R0015775.JPG R0015763.JPG

富士宮市には、会場となった富士山本宮浅間大社の門前町として栄えた長〜い商店街があります。2・3日はこの商店街沿いの道路を通行止めにして、フリーマーケットも行われました。
R0015801.JPG R0015790.JPG

6月3日(日)の2日目は、TV、新聞等の報道を見て更に多くの人が押しかけました。会場はまさに立錐の余地もないほど、各グルメを求めて人が並びました。
R0015662.JPG R0015728.JPG

21のB級グルメが参加したグランプリの審査方法は、お客さんが美味しいと思った投票箱へ自分が使った箸を入れ、その箸の重さで順位を決定するというものです。
CIMG0358.JPG

さて、いよいよ結果発表。2日間、大変な熱戦を繰り広げたB-1グランプリでしたが、見事栄冠を勝ち取ったのは・・・地元の強さを発揮し、2年連続の「富士宮やきそば」でした。
CIMG0424.JPG

2位は大きな鍋で参戦した八戸市の「八戸せんべい汁」でした。
CIMG0415.JPG

大会期間中の来場者数は合計で25万人!大変な混雑であったにも関わらず、大きな事故もなく無事に終了しました。またイベントのゴミは分別収集され、会場に落ちているゴミも少なく、容器はリサイクルに回されました。このようなイベントは、市民の支援や協力があったからこそ成し得たことと言えます。
CIMG0457.JPG CIMG0465.JPG

次回開催地は福岡県の久留米市です。グランプリはどこがとるのか、そしてまた新たにどんなB級グルメが参戦してくるのか、今から楽しみです。


posted by 地域 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。