2008年08月18日

ビデオカメラでカワセミ撮影

思い出変換ものがたり(10)

●ビデオカメラでカワセミ撮影


●朝の散歩は愛犬のランと近くの長尾川へ
私は毎朝6時頃、愛犬のランと一緒に散歩をしています。
ranzennsinnIMG_0658.jpg

散歩コースは、家の近くを流れる静岡市の長尾川です。この川は、天井川のため、雨が降らない日が続くと水が流れなくなり所々に水溜まり場ができます。その水溜りには、下流に逃げ遅れた小魚が沢山泳いでいます。
すると、それを餌場として、アオサギ、シラサギの他に、羽の色のきれいなカワセミも姿を見せるようになります。

●川の中では、野鳥が魚捕り
シラサギ、アオサギは、直接川の中を歩きながら長いくちばしで魚を捕まえます。それに対し、カワセミは水溜まりに面する土手の縁に止まり、じっと川を見つめて待っていて、サッと舞い上がったと思うと一気に水の中に飛び込み魚を捕らえます。そして、長いくちばしでとらえた魚が動くと、石にぶつけて弱らせます。
そんな姿が、梅雨が明け晴天が続く夏の朝には頻繁に見られるようになります。

●ビデオカメラを持ってカワセミの撮影に
そのようなカワセミの様子をビデオに納めようと、ハイビジョンビデオカメラのキャノンのアイビス(iVIS) HG10を持って出かけます。
ところが、NHKの日曜夜7時半に放送される「ダーウィンが来た」のようには、なかなか撮れないものです。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎


posted by 地域 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD変換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。