2008年08月21日

ビデオカメラでカワセミ撮影(W)撮影成功

思い出変換ものがたり(13)

●ビデオカメラでカワセミ撮影(W)遂に撮影成功


●カワセミ撮影に成功
朝6時頃、愛犬のランと散歩に行くときに、近くの長尾川に現れるカワセミを撮影しようとビデオカメラを持って出かけます。

何度かカワセミ撮影のタイミングを逃した経験を積み重ね、カワセミの撮影ができるようになりました。
まず、晴天が続き魚のいる水溜まりの餌場ができ、カワセミの出現する場所がわかりました。
次に、川を散歩する人たちの時間がほぼ一定なので、、人が来ないうちにと少し早めに出かけることにしました。
ビデオカメラの機材は、予備充電池と三脚を必ず持って出るようにし、いつでも撮影できる準備を整えて行きます。
すると、今までなかなかタイミングが合わなかったカワセミ撮影が毎日のようにできるようになりました。

●カワセミの撮影
川に行くと、水溜まりの前の縁石に、雀くらいの大きさの鳥がちょこんと止まっている姿が見えます。長いくちばしと川を眺めるシルエットですぐにカワセミとわかります。
最初は、50m程離れた、かなり遠い位置から撮影を始めました。
ビデオカメラの性能は、光学式の10倍で、電子的に40倍、200倍になります。
光学式の10倍では、さすがに遠くて十分な大きさで撮影できません。そこで電子的に倍率を上げて撮影するとファインダー一杯にカワセミの姿が映りだされます。
しかし、当然のことながら、この方式では、姿は大きくても画像の粒子が荒れてしまい、満足のいく画質では撮れません。
また、ちょっとしたカメラの動きでも画面が揺れてしまい、手持ち撮影では見るに耐えません。三脚を使って停止状態で撮影します。

●カワセミの行動
カワセミは、水溜まりの前の縁石に止まり、じっと水面を見ています。そして、舞い上がったと思うと一気に川の中に潜り魚をくちばしで捕まえ、また、縁石に戻ります。
長いくちばしの中でピクピクと動いている魚を石にぶつけて弱らせると、翡翠色の羽を光らせてどこかに飛び去って行きます。

●二羽のつがいのカワセミと独り者のカワセミ
この場所に現れるカワセミは、いつも一緒に仲よく二羽で現れるカワセミといつも一人で行動する独り者のカワセミがいます。
夫婦ものは、意外と注意深くて、一定の距離まで近づくと更に遠くに行ってしまいます。
kawasemi-2.jpg

●魚捕りの下手な独り者のカワセミ
この独り者のカワセミは、一生懸命飛び上がっては川の中に突っ込み魚捕りを試みるのですが、なかなか捕れないのです。
ある時は、10回くらいたて続けて飛び込みましたが結局捕れませんでした。
ぬれてしまった羽をぶるぶる震わせて水を払い、羽が乾くのを待っていました。情けない!
kawasemi-1.jpg

●カワセミと仲良しになってきました
毎日、私が遠くでじっ撮影しているのを見て危害を加える人ではないと判断したのか、だんだんと近くに行っても逃げなくなりました。
また、一生懸命に捕っているので、私が近付いても気がつかないのかもしれません。
今では、10m以内に近づいてもそっとしていれば逃げることがなくなりました。
そこで、できる限り、倍率を上げずにビデ撮影をしたり、写真撮影をしています。
これまでに、延時間で1時間以上もカワセミの撮影をしました。


思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 地域 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD変換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105091967

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。