2010年03月04日

富士山の日の帽子を静岡新聞が紹介

富士山の日の帽子が新聞で紹介される

地域にこだわるマルハナ帽子店の富士山の日に合わせたオリジナル帽子が、静岡新聞で紹介されました。

帽子は、アポロキャップのしっかりしたもので、デザインは、漢字、富士山の図柄で、英語でも説明されています。


H220304マルハナ帽子富士山.jpg


10年02月23日12;02_湧水めぐり帽子.JPG


私も、2.23日、富士山の日に合わせて富士宮市の湧水巡りを行い、帽子を被って案内して回りました。

最初はどんな感じに見えたかなと少し心配しましたが、とても好評でした。

さっそくほしいという人がいましたので、マルハナ帽子店を紹介しました。



10年02月23日10;22_湧水めぐり_01.JPG



オリジナルキャップのため、売り切れてしまっていると直ぐには手に入らないようです。

しっかりしていて、富士山を守るレンジャーなどにも良いかもしれません。



マルハナ帽子店


〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町8-1-駅前銀座
電話:054-366-6324



駅前銀座の応援団としてあなたのブログでの紹介をお願いします

駅前銀座のこだわりの店をこれからも紹介していきます。皆さんも是非、こだわりの店を探して,あなたの目でお気に入りのお店や商品などを紹介してください。
posted by 地域 at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山の日には富士山の帽子

富士山の日の湧水巡りに 富士山の帽子で案内


10年02月23日12;02_湧水めぐり帽子.JPG


マルハナ帽子店


〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町8-1-駅前銀座
電話:054-366-6324



2.23富士山の日に、富士宮市のまち中の湧水巡り

10年02月23日11;32_湧水めぐり_03.JPG


2.23富士山の日に、富士宮市のまち中の湧水巡りをしました。

午前10時から午後2時までの4時間、約8kmほどの行程で、30人ほどの参加があり一緒に楽しく歩いて回りました。


まち中には、富士山本宮浅間大社(富士宮浅間神社)にある国の特別天然記念物の湧玉池、神田川、せせらぎ広場、よしま池などの有名な湧水があります。

10年02月23日10;18_湧水めぐり.JPG


バナジウムを含んだ湧水

それだけでなく、身近なところにいろいろな湧水があり、バナジウムを一杯含んだ水が湧き出ています。

富士山の湧水は、富士山に降った雨が10〜40年かけて湧き出てくるそうです。その間にバナジウムを含むのでしょう。

CIMG0334まち中湧水.JPG

10年02月23日13;31_湧水めぐり神田宮湧水.jpg


湧水の湧き出るところに梅花藻(バイカモ)

そして、その湧き出たばかりの透明な湧水には、本当に緑鮮やかな「梅花藻(バイカモ)」があって、そのきれいさに感動します。


IMG_2130湧水と梅花藻(小).jpg

IMG_2133梅花藻の花(小).jpg


バイカモは、6〜10月に掛けて白い小さな花を一杯咲かせます。清楚で華やかさはありませんが、よく見るととても魅力的なものです。


富士山の帽子で案内

富士山の帽子を被ってその案内をしました。

マルハナ帽子店オリジナルのしっかりとしたアポロキャップは、案内役にピッタリだったようでした。

10年02月23日12;01_湧水めぐり_02潤井川望月説明.JPG


さっそくその帽子をほしいという人が表れ、マルハナ帽子店を紹介しました。

富士山へ来た人への案内役が富士山という漢字入りの帽子を被って案内するのは、ちょうど良いのかもしれません。

特に、外国人や外国へのお土産などに絶対いいと思います。



駅前銀座の応援団としてあなたのブログでの紹介をお願いします

駅前銀座のこだわりの店をこれからも紹介していきます。皆さんも是非、こだわりの店を探して,あなたの目でお気に入りのお店や商品などを紹介してください。
posted by 地域 at 09:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

富士山の帽子

マルハナ帽子店

〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町8-1-駅前銀座
電話:054-366-6324



富士山の日には 富士山の帽子を


富士山の日には 富士山の帽子を

と思って、探してみると・・

さすが、地域性にこだわるマルハナ帽子店に、

富士山の帽子がありました。



CIMG1870(小)富士山.jpg

2.23の午前10:00〜 富士山の日の企画として、

富士宮市の「まち中の湧水と梅花藻の花を巡るツアー」があるので、

その時に被って行こうかな!!


駅前銀座の応援団としてあなたのブログでの紹介をお願いします

駅前銀座のこだわりの店をこれからも紹介していきます。皆さんも是非、こだわりの店を探して,あなたの目でお気に入りのお店や商品などを紹介してください。
posted by 地域 at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

マルハナ帽子店

マルハナ帽子店

〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町8-1-駅前銀座
電話:054-366-6324


CIMG1864(小)2.jpg

こだわりの店、最初の店は、帽子の専門店「マルハナ」です。
お店は、清水駅前銀座商店街のアーケードの入口から約300m程入った通りの正面にあります。


この静岡市地区の帽子屋さんでは、トップレベルだと思います。
歴史もあり、地域性豊かで、多彩な種類の取りそろえなど、地方の帽子屋さんとは思えません。
小さなお子さんから、若者、お年寄りまでいろいろあって、見ているだけでも楽しくなるお店です。


CIMG1857(小)2.jpg

花井さんご夫婦が気楽に迎えてくれます

この帽子店は、ご主人の花井孝さんと奥さんが経営をしていて、気楽にお店の中を見せてもらえます。
●ご主人の花井孝さんはイベント企画の天才
花井孝さんは、帽子店を経営する傍ら、静岡県内外の数々のイベントを企画し、自ら先頭に立って準備・実行して成功させてきました。
清水の港祭りの再生から始まり、羽衣祭りなど数えればきりがありません。

・岐阜県美濃市の「美濃和紙あかりアート展」を仕掛ける
最近では、全国的も評価が高く、多くの人が訪れる岐阜県美濃市の「美濃和紙あかりアート展」があります。何事にもこだわりのある花井さんは、10月のイベント時期になると美濃市に通い詰め、店にはほとんどいません。・・・・

・・・イベントの話はこれくらいにしないと終わりません。
後は、お店で本人から直接聞いて下さい。


ということで、お店の帽子については奥さんが対応してくれることが多いです。


CIMG1932(小)2.jpg


それでは、お店の紹介を!!

昭和26年創業の帽子専門店で、多様な品揃え

お店は、創業は昭和26年で、58年間帽子専門でやってきた老舗店です。
それだけに、地方の帽子店といえども品揃えは多彩で、700円の作業帽子から12万円のシルクハットまであります。
2,000円〜5000円くらいの値段のものが多く、手頃なものが主流で、気楽に選べます。

●イギリス、イタリー、メキシコ、モンゴルまで国際色豊か

おもしろいのは、国際色豊かな帽子がおいてあることです。
まず目につくのが、大きなメキシコのソンブレロいわれるツバ広帽子です。テレビで中東などのニュースなどに出てくるトリキスタン、カザフスタンの回教徒の帽子や相撲の朝青龍のお父さんが被っているモンゴルの帽子などいろいろあります。



CIMG1910(小)2.jpg


・帽子のブランド品も多彩
もちろん、イギリスの「ダックス」、イタリアの「ボルサリーノ」など高級な帽子から、ライダーのハンチング帽、手作りの毛糸の帽子や、お母さん達が農作業や外の作業で被る日よけ帽子など数多くあります。


CIMG1915(小)2.jpg


・私も40年前に買いに来たことがある
そういえば、40年ほど前に当時80歳だった私のおじいさんがハンチング帽をほしいというので一緒に買い物に来て、とても気に入った帽子があったと喜んだ覚えがあります。

●レアな帽子・・幻の球団の帽子


CIMG1861(小)2.jpg

CIMG1862(小)2.jpg


もう無くなってしまったプロ野球の球団帽子も見付けました。好きな人にはたまらない帽子ですね。
数量限定で早い者勝ちかも?


・星野仙一監督時代の中日ドラゴンズ

・野村監督時代のヤクルトスワローズ



●富士山、清水、次郎長にこだわったオリジナルキャップ

マルハナ帽子店では、地域にこだわったオリジナルキャップもあります。
清水といえば、清水港、清水の次郎長、そして港から見る富士山です。
この3つのキーワードの組み合わせで、8タイプ、11種類のキャップを開発したそうです。



CIMG1870(小)2.jpg

それも日本語(漢字)を使ってビジュアル化しています。
従来、漢字を帽子に入れるなんてちょっと古くないのかなと聞いてみると、外国人への土産にとか、他の県に旅行に行ったら友人が清水の次郎長の文字入りの帽子をほしいというのであげたから、など結構ひきあいがあるそうです。


そういえば、中国の万里の長城に行ったときに売っていた帽子に「長城」という漢字が使われていたことを思い出しました。

その他には、船長さん達が被るマドロス帽もありました。清水港まちの帽子やさんらしい!
●帽子は直接被ってみないとわからない
帽子は、その人の個性を表すので実際に本人が被ってみないとわからないですね。

●一度お店に来てください



専門店はお店に入って買わないで出ると気まずいから入りにくい。という人もいますが、そんなことは気にせずに、とにかく一度お店に来て、付けてみてくださいとのことです。
買うか買わないかは別として、・・・



CIMG1886(小)2.jpg

CIMG1880(小)2.jpg

●このブログをみたと言ってくれれば特典もあるかも

これまで、あまりインターネットでの情報を流したことがなかったので、このブログをみたからと言ってくれれば、何かの特典を付けますよといってくれました。


CIMG1885(小)2.jpg

CIMG1884(小)2.jpg


●あなたのブログでの紹介をお願いします

駅前銀座のこだわりの店をこれからも紹介していきます。皆さんも是非、こだわりの店を探して,あなたの目でお気に入りのお店や商品などを紹介してください。
posted by 地域 at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。